住友林業なら意見を取り入れてくれるから安心

木材を良く知っています

つみきの家

木の育成と加工

日本有数の老舗ハウスメーカーの住友林業は、日本に現存する企業の中でも最も歴史があると言っても良い江戸時代の元禄4年に創業した歴史のある木造住宅のトップブランドです。長い歴史があることで、構造としては伝統的な木造軸組みを採用していますが、近年ではビッグフレーム工法という耐震性と開放感を両立させた構造体の評判もあがっています。住友林業は木を良く知るハウスメーカーとして、木を大切にする働きを企業として取り組んでいます。群馬県をはじめとした山林事業や建材事業も取り扱い、ほとんどのハウスメーカーが他社から木材を調達しているのに対して、住友林業では木材の調達から加工も自社で手掛けているため、どのハウスメーカーよりも木材に関する知識を有していると言うことができます。群馬県の注文住宅は木造と鉄骨造りの両方のハウスメーカーがありますが、全国平均よりも木造住宅の割合が高くなっています。住友林業の木造住宅は国内4か所の山林からの木材またはアメリカやインドネシアなどの海外に有する山林から調達することもありますが、群馬県産材を利用して建築することも可能です。群馬県では県産材の利用を促進する補助金があり、木を良く知る住友林業に依頼すれば、効果的にそれでいて無駄なく木材を使用してくれます。住友林業ではスマートハウスにも積極的に携わっています。太陽光発電システムや蓄電池を組み合わせたりして、日本の伝統的住宅と現代の住宅を組み合わせた暮らしやすい住宅を建てていると評判です。